未経験でもできるWEBオペレーター! その魅力となる方法を解説!

webオペレーター なるには なる方法

サイトの品質を保つWEBオペレーターは、オンラインサービスが拡大している現代において欠かせないお仕事です。この記事ではそんなWEBオペレーターの魅力や目指す方法をご紹介します。

WEBオペレーターの魅力


WEBオペレーター 未経験

①未経験でもWEBオペレーターになれる

WEBオペレーターの最大の魅力は、未経験でも始めやすいことです。

WEB系のお仕事と聞くと、プログラミングをはじめ、専門的な知識が必要で、難しいイメージがあるかも知れません。

しかしWEBオペレーターは高度な知識は無くても大丈夫です。オフィスソフト(Excel 、Word等)、Google(スプレッドシート等)の操作といった基礎的なパソコンの操作ができれば、誰でも始めることができます。

それに加えて、

  • 画像編集
  • HTML、CSS(WEBページを作成するための言語)の使用
  • HPの作成

ができれば、仕事の幅が広がっていくでしょう。

②需要が高まるWEBオペレーター

オンラインサービスが浸透している現代において、WEBオペレーターの需要は高まっています。それに伴い、転職先も豊富にあります。

WEBオペレーターはサイトの管理・運営を行う仕事です。今やあらゆる企業がHPを持っていますよね。転職の際は、それらの自社のサイトをもっている企業すべてが対象となります。さらに、クライアントのHPを作る制作会社も就職先の1つです。

このようにWEBオペレーターは、業界、規模を問わず様々な企業で活躍することができます。 

WEBオペレーターになる方法


基本的には未経験から始められるWEBオペレーターですが、応募時に+αのスキルがあると優遇されたり、未経験で採用された後は、自分で積極的に技術を身につけていく必要があります。ここではより重宝されるWEBオペレーターになる方法を3つご紹介していきます。

①専門学校・オンラインスクールに通う

WEBオペレーターになるのに専門的な知識は必要ありませんが、自分で1から学ぶより、専門学校に通うほうが効率がよく、漏れもなく知識を身につけることができます。最近ではWEB関連の仕事のオンラインスクールなどもあり、手軽に通うことができます。

②アルバイトから始める

求人の中には、アルバイトで未経験の人を募集しているものもあります。実務経験を積みながらWEBオペレーターとして成長することができます。また、WEBディレクターと関わりながら、チームでの共働も経験できるため、キャリアの幅を広げるのに役立つでしょう。

③書籍等で独学する

書店でプログラミングやWEBサイトに関する入門書を購入することができます。それをもとに、自力でホームページを立ち上げるところまでできるようになれば、Webオペレーターとして活躍の場を増やすことができるでしょう。

WEBオペレーターの求人を探す際、チェックするポイント


WEBオペレーター 求人

求人を探す際、チェックするポイントは仕事内容必要なスキル・経験です。

①仕事内容

WEBオペレーターは、企業によって請け負う仕事の幅が変わります。サイトの制作といった、専門知識が必要な業務を求められる場合もあります。逆に、本当に基礎的な作業のみだと、やりがいを感じにくいケースもあります。企業とのミスマッチを防ぐためにも、具体的な業務内容を事前にきちんと把握しておくことが大切です。

②必要なスキル・経験

求人サイトには、

  • 未経験可
  • 経験浅くてOK
  • ブランクありOK

といった細かい募集対象が提示されています。

また、求めるスキル・経験が、

  • 必須
  • 優遇
  • 歓迎

のうちの、どれなのかも確認し、自分に合ったレベルの求人を見つけましょう。

以下は、基本的な応募時に必要なスキルと、採用後に身につけたいスキルです。

応募時基礎的なパソコンの操作
採用後Photoshop、Illustratorの操作スキル
HTML、CSS、JavaScript、WordPressの基礎知識
WEBデザイン経験
WEBコンテンツのライティング経験

※求人によっては、応募時に必要なスキルもあります。

採用後にスキルアップし、できることが増えたり、WEBマーケターなどにステップアップできると良いですね。

誰でも始めやすいWEBオペレーター


オンラインサービスが拡大する近年、WEB業界は全体的に今後も需要が高まっていくでしょう。その中でも、WEBオペレーターは始めやすいお仕事です。WEBやIT業界に興味がある方は、WEBオペレーターから始めてみてはいかがでしょうか。