カスタマーサクセスとカスタマーサポートの違いを解説!

カスタマーサクセス カスタマーサポート 意味 違い

近年のサブスクリプションビジネスの拡大により、カスタマーサクセスを導入している企業が増えています。そこで今回は、カスタマーサクセス(Customer Success:CS)カスタマーサポート(Customer Support:CS)についてお伝えします。同じCSですが、意味や目的が異なるので、徹底的に違いを解説していきます。

1、カスタマーサクセスとは


「カスタマーサクセス」とは、「顧客の成功」を導くことを目的とした取り組みのことです。

「顧客の成功」とは、顧客がサービスや商品を利用して、期待した成果が成し遂げられたということです。

しかし、顧客の要望にただ応え、成功を導くだけのサポートではありません。顧客が「成功」できるために、顧客が抱える課題を先回りで解決したり、顧客の要望をもとに商品やサービスを改善したりしていきます。

「受動的」にではなく、「能動的」に顧客にアドバイスやサポートを働きかけることが重要であり、これにより顧客の成功と自社の成果両方ともを導きます。

カスタマーサクセスについて詳しく知りたい方はこちらの記事へ!↓
カスタマーサクセスとは? その定義や注目される理由を解説!

2、カスタマーサポートとカスタマーサクセスの違い



カスタマーサポート


カスタマーサクセス

目的・顧客からの問い合わせに対し、迅速かつ適切に解決し、顧客満足度を向上させる

・問題、トラブル発生時のみ対応
→顧客との関わりは断続的
顧客の成功を導き、LTVを最大化させる

・LTVとは…
Life Time Value:顧客生涯価値
1人あるいは1社の顧客が、特定の企業との取引開始から終了までの期間に、どれだけの利益をもたらすのかを表す指標

・顧客を部分的にサポートするのではなく、発生した課題を全面的に解決していく
→顧客と長期的な関係を構築する
対応する姿勢・顧客からの問い合わせに、メールや電話、チャットで対応

・トラブルが発生してはじめて対応する
受動的な姿勢
・顧客のゴールを把握し、顧客が自社製品やサービスに感じる不満や疑問を先回りして課題解決をしていく
能動的な役割
対応の速度・顧客から問い合わせがあった段階で、迅速な対応かつ正確な問題解決が求められる

・顧客に今まで通り、自社製品やサービスを利用してもらうことが重要
・顧客の抱える課題、不満や疑問を解決し、「顧客の成功」に近づけることが最優先
解決の速度はあまり重視されない
売り上げの貢献・顧客の課題解決に対する費用は発生するが、利益を生み出すことは基本的にない・顧客の成功の支援を行い、サービスの継続利用に結びつけるため、自社の売り上げに貢献する
目指すべき理想の姿・課題や疑問を抱いた顧客の問い合わせに、迅速に正確な課題解決をし、顧客満足度向上を図る・顧客の抱える問題を予測し、先回りして顧客にアドバイスやサポートを行い、顧客の成功に導く

3、まとめ


カスタマーサポートとカスタマーサクセスの違いについて、理解していただけたでしょうか?

どちらも顧客の抱える課題を解決し、顧客満足度を向上させるという点では同じです。顧客の満足がなければ企業が成長することはないでしょう。

しかし、両社の目的や姿勢、目指すべき姿には違いがあります。「顧客の成功が、自社の成果を導く」という新しい考え方のカスタマーサクセスに挑戦してみませんか?

バリュースタッフ 採用 新卒 カスタマーサクセス
カスタマーサクセスとは? その定義や注目される理由を解説!
「カスタマーサクセス」とは、近年ビジネスシーンで注目を浴びているキーワードです。「顧客の成功」という意味で、顧客の事業を成功へと導き
バリュースタッフ 採用 人材コーディネーター 新卒 就活
人材コーディネーターとは?なる方法・必要なスキルは?
人材コーディネーターとは人材派遣会社や人材紹介会社に所属し、働き手を募集している企業と派遣労働者の仲介を行う職業です。資格が不要のため…